HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

【トノブログ】水分補給

0
     

    どうも〜!大好物は映画館で食うキャラメルポップコーン!
    あなたは塩派?
    それとも??
    トレーナーの殿村です。

    最近ポカポカ陽気でだんだん暑くなってきました。

    UTMFも一ヶ月を切り石井隊長も臨戦態勢を取りつつある今日この頃!今回は水分補給の話でもします!

    運動する時は、開始30分前までに250500ml
    運動中は100200ml1530分間隔でこまめに水分の温度は吸収効率、体温の冷却効果から考慮して515に維持し糖質濃度は5程度(後から細かく詳述。)あと発汗の脱水からの回復には02の食塩水を補給することも有効!

     

    あとアイソトニック(等張液)飲料ハイポトニック(低張液)飲料の説明!

     

    アイソトニック飲料の代表と言えばコカコーラ社のアクエリアス、そして大塚製薬のparkにも売ってるポカリスエットなどが非常に有名。

    スポーツドリンクに含まれる糖分の浸透圧(低い濃度から高い濃度への移動)と、安静時の血液中に含まれる糖分の浸透圧が同じ、もしくは同程度の状態であること。

    スポーツドリンクにおけるアイソトニック、すなわち上に記述した等張液とは、ヒトの安静時の体液に含まれる「糖分の浸透圧」と対象となるアイソトニック飲料であるスポーツドリンクの糖分の浸透圧が同じ。という意味となります。

    この浸透圧が近いことによる最大のメリットは、人体組織、細胞、血液への吸収速度が通常の水よりも高まる点にある。


    要は浸透圧は体内への吸収スピード、吸収率に影響を与える要素を持っていると言うこと。

    アイソトニック飲料は「オン期」の激しい試合などを終了後、早い段階で使用していきたいもの。

    尚、練習中にこれらのアイソトニック飲料を使用する場合は、2〜3倍に薄めてあげることが重要です。 

    これは運動中には浸透圧が一定レベルまで低下する為、濃い濃度のスポーツ飲料は逆に身体に負担をかけることになりかねない為だ。

    ハイポトニック飲料とは、運動時の糖分の浸透圧に近い状態に糖分が調整されたスポーツドリンクのこと。アサヒスーパーH2O・parkでも売ってるVAAMなどでも知られる。

    一般的にスポーツアスリートの競技実践中の浸透圧は2.0〜3.0%程度まで糖分の浸透圧が低下する。  

    その為、この低下している状態である競技実践中にすばやい水分の補給を達成することを目的として作られたスポーツドリンクなどがハイポトニック飲料にあたる。

    「スポーツドリンクは薄めたほうが良い」

    このような言葉を耳にしたことがある場合は、この運動中の浸透圧の低下現象を踏まえての話なのだ。ハイポトニック飲料は書いてあるものも多いのでチェックしやすいですよ!

    ちなみに僕の好きな飲み物はココア・いちごオレ。
    ちなみにUTMFはウルトラタフな女子も参加してるよ!ではアじゃパー!

     

     


    【トノブログ】学術会の報告レポート

    0
      どうもトレーナーの殿村です。

       

      33日!ひなフェスタ!殿村は仕事を休んで(お客様・中村T・樋口Tごめんなさい)

      学術大会!お勉強6時間!人ごみが苦手な僕も挙動不審に新宿へ・・・

      何であんなに人がいるんだ・・・すごく心がズシンと・・そんなことより!

       

      今日はブログで最近の研究を僕の記事を読んでくれてるわずかなあなたへお届け!


      最近ビタミンC入りの清涼飲料水を飲みながらトレーニングしてるお客様をよく見ます。

      果たしてあれはいいのかどうか・・・

       

      PGC・・・ミトコンドリア(エネルギーを作る所)の代謝関連分子の転写や遅筋線維(持久力のある筋線維)の生成に関与する物質。上流の遺伝子です。この話の為に覚えてね(笑)

       

      活性酸素種(身体を錆びさせる要因。放置しておくとシミや老化の引き金になります。)に暴露された培養細胞はPGCの産生を増加させます。

      活性酸素はトレーニング効果を引き出すPGCを増やすわけですからトレーニングの重要な因子なわけですよ!

       

      で。活性酸素を除去する抗酸化サプリメントでトレーニング適応の遅延や抑制されると・・

      つまりのつまりトレ前にビタミンCやEとか飲むとトレーニング効果が抑制・遅延されるわけ。

      ヒト試験でビタミンC投与するとミトコンドリア発生PGC遺伝子発現抑制されるらしい・・

       

      ビタミンCは本来コラーゲン合成とかをつかさどる大亊な物です。ですがトレーニングにとってはどうやら考え物なよう

       

      だけどもだけど。一過性の活性酸素は効果・適応を助長するが

      長期にわたる活性酸素の産生は筋の分解・アポトーシス(細胞の自殺)をまねく。

      筋の不活動は活性酸素が産生されます。

      不活動筋萎縮は抗酸化物質投与で遅らせることが出来るのだと。

      寝たきりのおじいさんにはビタミンC・Eはいいかも。

       

      あと高齢者は炭水化物とたんぱく質の同時投与は逆に筋同化を低下させる。

      parkでいうと高齢者にトレ後レクマックスはよくないかな。DNSを奨めよー

       

      あとたまにいらっしゃる

      「トレーニングすると逆にお腹へって食べちゃうのよねー」

      化学的には否定されとります。へへへ!

      食前トレは食欲抑制ホルモンを増加させ摂取エネルギー低下させるのだと。

      「トレーニングすると逆にお腹へって食べちゃうのよねー」

      はその逆なわけなんですと。

      これからそういう方がいらっしゃったらそっと教えてあげよーっと!

       

      今日は京大の先生だったのですが加圧のこともおっしゃったのですがあまり言い過ぎたら

      石井隊長に怒られるので殿くんはここら辺でドロン!

       

      また気になったら聞いてくださいね!


      【トノブログ】フィトケミカル

      0
        2013年1月22日(火)
        どうもトレーナーの殿村です。

        今回はフィトケミカルについて話したいと思います!

        最近フィトケミカルがもつ高い抗酸化作用や抗菌作用、抗炎症作用、解毒作用などと

        疾病予防機能の関連性に大きな注目が集められています。

         

        フィトケミカルとは

        「フィト」ギリシャ語で植物の意味

        「フィトケミカル」(phytochemicalファイトケミカルともいう)

        植物性の化学物質の事を指します。

         

        根を張り移動できない植物は虫の毒や細菌感染、紫外線による酸化にも耐えるしかありません。

        このような過酷な環境から自らを守りダメージを修復するためにつくりだされるのがフィトケミカルです!

         

        そも主な機能として高い抗酸化力で自らの酸化や感染を防ぎます。

         

        野菜や穀物、果物などの色素や渋み、香り、辛味、灰汁など成分で多くは高い抗酸化力を有しています。

        一般的に知られているポリフェノールやカテキン、リコピンもフィトケミカルです。

         

        parkにいらっしゃるランナーさん、美を求めるママさんも果物や野菜も気をかけてしっかり摂取していきましょう。そして身体を酸化から防ぎましょう!

         

        詳しいことを殿村まで聞いてくださいね。

        今回はこんな感じでお送りしました。


        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        archives

        recent comment